丹波の森づくり30周年記念シンポジウム

昭和63 年の「丹波の森宣言」から始まった丹波の森づくり。これまでを振り返り、これからの方向性を地域の方々と共有する記念シンポジウムを開催しました。 日時:平成30年11月18日(日曜日) 場所:丹波の森公苑 主催:丹波

3-1「丹波の森のすがた」

丹波地域ならではの気候や地形が生み出す自然の美しさ、大地の恵みがもたらすおいしい食、歴史に育まれ磨かれた文化。先人たちが守り育ててきた「丹波の森」の今のすがたを表現しています。

3-2「丹波の森づくりのこれまで」

昭和63年の「丹波の森宣言」に基づき、住民・事業者・行政が一体となって自然と人と文化が調和した地域づくりを進めてきた30年間の取組。その成果をとりまとめました。

3-3「丹波の森づくりのこれから」

素朴で心安らぐ食や工芸など、自然と織りなす「丹波の森」での豊かな暮らしをいつまでも残し、未来へ向けて創っていく。“もりびとライフスタイル”の創造「丹波の森づくり」、その取組の方向性を示しています。

行け!丹波レンジャー!! 丹波レンジャーとゆかいな仲間たち

食中毒は、冬季にあまり発生しないと思っていませんか? 冬季に発生する食中毒の病因物質は、その多くがノロウイルスによるものです。ノロウイルスによる食中毒を予防啓発するため、丹波健康福祉事務所の職員が丹波レンジャーやノロウイ