丹波焼の作品や横尾忠則の展覧会解説まで、アートの魅力を作品とともに楽しめます。

丹波焼、出石焼など陶芸の解説や横尾忠則の展覧会解説まで、アートの魅力を作品とともに楽しめます。

 

美術館がお化け屋敷に?!「横尾忠則の恐怖の館」PR動画

「怖さ」をテーマにした展覧会、「横尾忠則の恐怖の館」(2021年9月18日〜2022年2月27日開催)のPR動画。

この動画を見る

美術館がお化け屋敷に?!「横尾忠則の恐怖の館」

「怖さ」をテーマにした展覧会、「横尾忠則の恐怖の館」(2021年9月18日〜2022年2月27日開催)の蝋燭と遺影風絵画、廃墟風の展示室などお化け屋敷風の展示会場を巡りながら学芸員が見どころを解説。

この動画を見る

横尾忠則の恐怖のイメージはどのように制作されたのか。

「横尾忠則の恐怖の館」(2021年9月18日〜2022年2月27日開催)展の種明かし。恐怖の館展の作品はどのようにイメージされ、実際にどのように挿絵として使われていたのか。4Fコレクションギャラリーの展示を解説。

この動画を見る

桃山時代の丹波焼の壺ー学芸員のお気に入り紹介

学芸員によるおすすめ作品の紹介動画、第1回は日本六古窯のひとつである丹波焼の壺。桃山時代につくられたこの壺には、元号と日付が刻まれています。つくられた時代の出来事とともに、色や形などの作品の魅力を解説します。

この動画を見る

古伊万里に魅せられて。ー江戸から明治の備前磁器

兵庫陶芸美術館が令和2年度に受贈した「赤木清士コレクション」を紹介。兵庫県豊岡市日高町出身の赤木清士氏(1932-2019)は建設業を営む傍ら、日本の灯火具や近代のものづくりに関わる科学技術資料の収集に情熱を注ぎ、1965年頃から陶磁器も本格的に収集を始め、肥前磁器を中心に200点以上のコレクションを形成しました。この動画では、江戸から明治の肥前磁器を中心とした作品・展示風景を紹介しています。

この動画を見る

「赤土部どーん」江戸時代前期の丹波焼

常設テーマ展の丹波焼の解説。江戸時代前期編。

この動画を見る

「チョコレートみたい」江戸時代後期の丹波焼

常設テーマ展の丹波焼の解説。江戸時代後期編。

動画を見る

これも「陶芸」?独創的な作品を一挙に紹介。

開館15周年記念特別展「No Man’s Land」展覧会場の案内映像です。

動画を見る

裏返しして知る出石焼。

歴史工房で展示を行なった「出石焼」について解説します。

動画を見る

アーティスト・トーク「秋永邦洋」

「No Man’s Land」展出品者によるアーティスト・トーク

動画を見る

学社連携プログラム紹介動画(校外学習)

展覧会鑑賞、電動ロクロ実演見学、丹波焼最古の登窯見学等を通じ、丹波焼の魅力を子供達に伝える校外学習紹介動画

動画を見る

 
カテゴリー一覧へ