デカンショ祭り

全国に誇る民謡「デカンショ節」にあわせて踊るデカンショ祭。2015年には篠山市が申請した「丹波篠山 デカンショ節ー民謡に乗せて歌い継ぐふるさとの記憶」が「日本遺産」認定されました。

牛や豚のコンクール

旧篠山町で開催された、畜産共進会の様子。各地から集まった牛や豚たちが、毛並みや体重、容姿を競いあいます。

エンジン快調 町営バス

移動公民館・公共交通の両方を兼ねる旧多紀町の町営バス、「ささゆり号」。診療所や保育所などへの移動のほか、移動図書館や機材を積んで出張講習会を行うなど、地域の方々に大人気です。

丹波グリはまっ盛り

「銀寄」と呼ばれる大粒の丹波栗は、砂糖漬けやマロングラッセに加工され輸出される人気もの。秋の日差しの下で、栗も栗拾いにいそしむ人々の笑顔も、輝いています。

無鹿リゾートオーナーシェフ 鴻谷 佳彦さん|すごいすと Vol.81

「鹿肉には、無限の可能性がある」という想いを込めて名付けたレストラン「無鹿(ムジカ)」。鴻谷佳彦さんは、その店名の通り、鹿肉との出会いから生まれる様々な可能性を一つひとつ活動に活かし、自分の経験と結果に結びつけてきました

ふるさとひょうご五国物語~梛 おまけ映像(丹波杜氏記念館)

個性豊かな五国(摂津、播磨、但馬、丹波、淡路)からなる兵庫県。その多様性の象徴ともいえる兵庫県の多彩な地域遺産をご紹介する「ふるさとひょうご五国物語」シリーズ。 本編に載せることのできなかったおまけ映像をご紹介します。

ふるさとひょうご五国物語~梛 おまけ映像(丹波杜氏)

個性豊かな五国(摂津、播磨、但馬、丹波、淡路)からなる兵庫県。その多様性の象徴ともいえる兵庫県の多彩な地域遺産をご紹介する「ふるさとひょうご五国物語」シリーズ。 本編に載せることのできなかったおまけ映像をご紹介します。

ふるさとひょうご五国物語~梛 おまけ映像(鼠草紙絵巻)

個性豊かな五国(摂津、播磨、但馬、丹波、淡路)からなる兵庫県。その多様性の象徴ともいえる兵庫県の多彩な地域遺産をご紹介する「ふるさとひょうご五国物語」シリーズ。 本編に載せることのできなかったおまけ映像をご紹介します。

丹波の森づくり30周年記念シンポジウム

昭和63 年の「丹波の森宣言」から始まった丹波の森づくり。これまでを振り返り、これからの方向性を地域の方々と共有する記念シンポジウムを開催しました。 日時:平成30年11月18日(日曜日) 場所:丹波の森公苑 主催:丹波

3-1「丹波の森のすがた」

丹波地域ならではの気候や地形が生み出す自然の美しさ、大地の恵みがもたらすおいしい食、歴史に育まれ磨かれた文化。先人たちが守り育ててきた「丹波の森」の今のすがたを表現しています。

3-2「丹波の森づくりのこれまで」

昭和63年の「丹波の森宣言」に基づき、住民・事業者・行政が一体となって自然と人と文化が調和した地域づくりを進めてきた30年間の取組。その成果をとりまとめました。

3-3「丹波の森づくりのこれから」

素朴で心安らぐ食や工芸など、自然と織りなす「丹波の森」での豊かな暮らしをいつまでも残し、未来へ向けて創っていく。“もりびとライフスタイル”の創造「丹波の森づくり」、その取組の方向性を示しています。

ひょうご五国 県民活動紹介映像「STORYS」 丹波:芸術文化活動『文化でつなぐふれあいの輪』

平成30年10月20日(土曜日)、21日(日曜日)に開催された「ふれあいの祭典 ふれあいフェスティバルin東播磨」で放映した映像です。 県民活動紹介映像「STORYS」では、地元の誇りを胸に築き、伝え続けられている県民活

行け!丹波レンジャー!! 丹波レンジャーとゆかいな仲間たち

食中毒は、冬季にあまり発生しないと思っていませんか? 冬季に発生する食中毒の病因物質は、その多くがノロウイルスによるものです。ノロウイルスによる食中毒を予防啓発するため、丹波健康福祉事務所の職員が丹波レンジャーやノロウイ

有限会社ウッズ 代表取締役・木材コーディネーター 能口秀一さん|すごいすと Vol.53

地産地消の木の家づくりに取り組んだことがきっかけで、木を植え育てる人から消費者までをつなぐ「木材コーディネーター」という仕事を、世の中に誕生させた能口秀一さん。有限会社ウッズの代表取締役として、地域産木材の製造販売から建

福祉避難所開設・運営訓練(丹波市)

平成30年1月27日(土曜日)に「福祉避難所開設・運営訓練」が「丹寿荘」で実施されました。 御所谷断層を震源とする地震が発生し、市島地域で甚大な被害が発生している想定のもと行われました。 大丹波連携による県外自治体と連携

有限会社こやま園 代表取締役社長 小山伸洋さん|すごいすと Vol.50

丹波の地に代々伝わってきた“なた豆”。育てる人が減り続ける中、知人から受け継いだ種で栽培を復活。たちまち人気の宅配商品に成長する中、独自の研究と試行錯誤で「丹波なた豆茶」の製品化に成功した。その後、口コミと営業努力により

平成29年度丹波地域の環境保全活動団体の紹介

兵庫県丹波地域は、加古川・武庫川・由良川の源流地域であり、多種多様な生物が生息しています。 丹波地域などの山の散策を通して動植物の調査に取り組んでいる「丹波自然友の会」と、里山保全活動を通じて田舎づくりの課題を広く発信し

佐治倶楽部事務局 関西大学佐治スタジオ研究員 出町慎さん|すごいすと Vol.40

平成18年、丹波市青垣町佐治を舞台にした日本建築学会近畿支部設計競技「シナリオ丹波」に応募。 「空き家を改修・活用し、『関わり続ける定住』によるまちづくり」という提案で丹波市長賞を受賞したのをきっかけに、丹波市青垣町に活

平成28年度丹波地域の環境保全活動団体の紹介

兵庫県丹波地域は、加古川・武庫川・由良川の源流地域であり、多種多様な生物が生息しています。 篠山市内で兵庫県レッドデータブックBランクカスミサンショウウオの探索など、篠山市に密着した活動を継続的に行う「篠山自然の会」、国

  • Prev
  • 1
  • 2
  • Prev