団地造り急ピッチ

住宅不足の解消、失業対策、阪神・播磨両工業地帯のベッドタウンづくりなど、様々な目的をもつ団地づくりが、加古川市の神野、神戸市の鈴蘭台など、県内各地で進んでいます。

四十七士登場(赤穂)

赤穂浪士の討ち入りの日、12月14日。四十七士を忍んで花岳寺に集まる人々。岡山県の福浦地区が兵庫県に編入されたことを、地区の人々は赤穂義士に扮したまつりで祝いました。

魔の鷹取峠解消(相生、赤穂)

道幅が狭く危険な道だった相生・赤穂を結ぶ鷹取峠に、6年・2億4千万円の年月と費用をかけて新道が完成。播磨工業地帯の重要ルートとして期待が集まっていました。

空の宝船第1便(家島―伊丹―東京)

淡路・家島を中心に盛んに行われるハマチなどの養殖。東京にむけて、航空便で新鮮な魚が運ばれ、せりにかけられます。

店開きしたボクらの交通公園

交通規則を学びながら遊ぶことが出来る西武庫交通公園。地域の小中学生たちが、完成を祝います。

但馬海岸国立公園に昇格

但馬海岸を主とする山陰海岸一帯が21番目の国立公園に決定。よりいっそう多くの人が、紺碧の海に映える数々の天然記念物に心躍らせることでしょう。花を添えるように、浜坂漁港での川下まつりの様子も映し出されています。

犬道返上

旧竹野町田久日地区から竹野まで、「犬の県道」と呼ばれるほど険しかった道を自衛隊が整え、「北但開発産業道路」となりました。僕たちの通学路が拓いた!と連れだって歩く子ども達の頬にも、笑顔があふれます。

おサル公園ひらく-南光町瑠璃寺-

旧南光町の瑠璃寺周辺に住む猿を集めた自然動物園が完成しました。観光客の誘致と農作物等の被害防止の一石二鳥の動物園建設に、地域の人々は喜んでいます。

消防は休まない

旧多可郡加美町で実施された、まちぐるみの消防演習や、神戸市内での消防訓練などをリズミカルに紹介。当時の消防車のデザインもみどころです。

ソロバンづくりの風景

目にも楽しい、小野市のそろばんづくりの、流れるような様子。

さわやか夏ミカンみのる

旧津名町で、「サマーオレンジ」の愛称で親しまれる夏ミカンの収穫に、忙しく活動する人々の様子。

この花ムコ 一千万円

アメリカから1000万円で買った牡牛が、淡路の三原町に到着。迎える人々にも笑顔があふれます。

海の団地作り

家島群島に、魚を集める沿岸漁業の新政策、魚礁づくりがスタート。海にコンクリートブロックが次々と設置されていきます。

待望の近代美術館ひらく

神戸市の王子公園前に、待望の県立近代美術館がオープン。開館記念の特別展「近代100年名作展」では、郷土の作家の作品をはじめ、多くの著名な美術品がズラリと並びます。

白菜畑は大さわぎ

初冬、農家の人々は、畑いっぱいの白菜の収穫や、漬物講習会の受講などに大忙し。トラック一杯に積みあげられた白菜は、農協の共同出荷場に向かいます。

百回になった近畿宝くじ

第100回近畿宝くじの抽選会が神戸市内で開催。

ご苦労でした淡路人形

旧ソ連を訪問し。兵庫の郷土芸能を披露した淡路人形浄瑠璃の劇団一行。神戸で開催された帰国歓迎会でも、集まった方々の喝さいを浴びました。

自治消防 十年のパレード

消防事務が地方自治体に委譲されて10年。神戸市中央区の磯上グラウンドで、祝賀パレードが盛大に開催されました。

ブラジル丸の鯉のぼり

ブラジル移民50年祭が開かれるサンパウロに向け、神戸港を出発する「ぶらじる丸」。華やかな見送りの様子が切り取られています。

知事・外交団 交歓パーティ

神戸・大阪に駐在する外国の領事などをもてなすガーデンパーティの様子が描かれています。