西播磨フードセレクション2020

加工食品のコンテスト「西播磨フードセレクション2020」(第9回)の5つの受賞食品の美味しい食べ方、受賞者の想いやこだわりなどをご紹介! 販売場所など、詳しい情報は公式ホームページをご覧下さい。(「西播磨フードセレクショ

大坪だんだんファーム(株式会社大坪営農)代表取締役 岡田 昭男さん|すごいすと Vol.76

カーブが続く山間の道を抜けると、空に向かって広がる緑たっぷりの段々畑を背景に、大坪だんだんファームの姿が現れます。ほ場整備(*)と集落営農(*)で農地を守るため、集落のみんなで農業経営に取り組み始めた地域づくり事業は、集

明延鉱山ガイドクラブ 副会長、NPO法人一円電車あけのべ 理事 正垣 智子さん|すごいすと Vol.75

「明延(あけのべ)を語らずに、自分のことを話せなくなっているんです」 そう言って、楽しそうに笑う正垣智子さん。明延鉱山(*)の閉山から30余年。明延のまちにかつての元気を取り戻そうと、明延鉱山ガイドクラブの副会長として、

テキスタイルデザイナー 小野圭耶さん|すごいすと Vol.72

200余年の歴史を重ねる地場産業「播州織」の産地、西脇市。糸を先に染めてから生地を織る「先染め(さきぞめ)織物」と呼ばれ、色柄の設計から糸の染め・織り・加工まで、それぞれの工程ごとに専門職人が携わる分業により、一貫生産体

2020年8月17日(月曜日)知事定例記者会見

会見項目 1 新型コロナウイルス感染症の現状と対応 2 女性活躍の推進 3 家庭と子育て応援施策の推進 4 第3期「ひょうご教育創造プラン(兵庫県教育基本計画)」の取組状況 5 兵庫県町村会創立100周年記念シンポジウム

地域の明日のために ~今、土木の力でできること~

災いを未然に防ぎ、当たり前の日常を、当たり前に過ごせる毎日を見守る。子供達に、そして未来に誇れるふるさとを造る。これが私たち土木事務所の役割です。 この動画はそんな私たちの日々のひとこまを繋ぎ合わせて作りました。これから

国際フロンティア産業メッセ2019

今年で通算22回目となる「国際フロンティア産業メッセ2019」は、過去最大となる522社・団体が出展しました。 展示会やセミナー等により最先端の技術を体感していただいた他、「ふみだす未来 つながる技術」をテーマとしたロボ

西播磨フードセレクション2019

加工食品のコンテスト「西播磨フードセレクション2019」(第8回)の審査会の様子、5つの受賞食品の美味しい食べ方、受賞者の想いやこだわり等をご紹介します。 グランプリ:これがいちじく?!と驚く「MaMaReいちじくコンフ

認定NPO法人フードバンク関西 代表理事 浅葉 めぐみさん|すごいすと Vol.68

日本国内で一年間に廃棄される食品は2,759万トン。食べられるのに捨てられる食品(食品ロス)の量は年間643万トン。中でも家庭から廃棄される量は291万トンにものぼる(平成28年度推計値・農林水産省)。おいしく食べられる

城崎の温泉旅館で障害者が「おもてなし」を学びました

令和元年9月10日~11日、城崎温泉で「障害者インターンシップ事業」が開催され、10名の障害者が旅館で業務体験をしました。 この事業は、兵庫県を代表する観光地である城崎温泉において、障害者が旅館等で「おもてなし」を学び、

株式会社ささ営農 代表取締役 八木 正邦さん|すごいすと Vol.67

播磨五川に数えられる揖保川(いぼがわ)の豊かな清流に恵まれた、たつの市新宮町笹野地区。米づくりを中心としたこの農業地帯にも、農業者の高齢化や後継者不足による農地管理の限界がじわじわと迫っていた。そんな中、地域の農地は地域

神戸ビーフ館オープン記念式典

神戸ビーフを味わい、詳しく学ぶことができる「神戸ビーフ館」のオープンを記念する式典を開催しました。 「神戸ビーフ館」では、但馬牛・神戸ビーフの歴史や生産過程、神戸ビーフのおいしさについて学んだり、神戸肉流通推進協議会指定

株式会社ICB 代表取締役、WLBC関西 代表 瀧井智美|すごいすと Vol.61

専業主婦からの復職を目指すも、厳しい現実を突きつけられた再就職活動の苦い経験と、スキルや資格を手にしても、なかなか就職できない女性たちを目の当たりにしたことから、女性の就労支援をサポートするキャリアカウンセラーに。活動を

兵庫県畜産共進会 第100回記念大会

明治42年に第1回が開催され、今年100回目を迎える兵庫県畜産共進会。 第100回記念大会では、但馬牛などの学びの展示やマルシェ、普段は見ることのできない但馬牛のせり市の見学などが催され、多くの人々で賑わいました。 日時

西播磨フードセレクション2018

「西播磨フードセレクション2018」(第7回)では、西播磨産の農林水産物を使用した個性あふれる加工食品25点の応募があり、4受賞食品が選定されました。審査会の様子、受賞者の想いやこだわり等をご紹介します。 グランプリ:牡

有限会社ウッズ 代表取締役・木材コーディネーター 能口秀一さん|すごいすと Vol.53

地産地消の木の家づくりに取り組んだことがきっかけで、木を植え育てる人から消費者までをつなぐ「木材コーディネーター」という仕事を、世の中に誕生させた能口秀一さん。有限会社ウッズの代表取締役として、地域産木材の製造販売から建

西播磨フードセレクション2017

西播磨フードセレクションは、西播磨地域の農林水産物を使用して製造された食品の中から、優れた食品を選定するコンテストです。今年で6回目を迎えます。 今年は応募56食品の中から、グランプリに西播磨産の牡蠣を使用した「珠せいろ

Navel Burger Stars(ネーブル・バーガー・スターズ) 店主 河野素子さん|すごいすと Vol.46

国道175号を西へ少し入った町の一角、西脇市の「道の駅 北はりまエコミュージアム」の入り口で「日本のへそのハンバーガー」の文字が風にはためいている。ご当地バーガーの店「Navel Burger Stars(ネーブル・バー

株式会社御影屋 代表取締役 柿木貴智さん|すごいすと Vol.45

兵庫県を代表する「ゆるキャラ」としてCMにも出演し、市制60周年では観光大使に任命されるなど、高砂市のマスコットキャラクターとして人気を集める「ぼっくりん」。その生みの親の一人が、株式会社御影屋の代表取締役を務める柿木貴

兵庫県西播磨地域のキラッと光る若手農業者「続々編」

兵庫県西播磨地域で活躍する若手農業者について、就農の動機、現在の就農状況、地域とのつながり、将来の展望などについてインタビュー形式で、農作業の様子も交えながら紹介します。 今回は3編あり、「続々編」は男性農業者4件(自営